作成者別アーカイブ: author

屋形船でイベントを開催する際に気を付けたい事

イベントを開催する場合は貸切の予約を行いましょう

結婚式の二次会や法事、同窓会や花火鑑賞会、納涼会や歓送迎会などで屋形船を利用する場合は貸切船の予約をまずは行ってください。
乗合船は出航時間とコースが決まっており、また他の利用者と一緒に船に乗りますが、貸切船であれば顔見知りのメンバーしか乗りません。
そのため、職場の宴会や親せきが集まるような食事会などで船を貸し切るケースが沢山ありますし、船会社によって貸切可能な定員や人数が異なります。
数名程度利用出来るプランを始め、80名近くを乗せられる大型船もあるので、人数に合わせてプランを選んでみて下さい。
船会社によっては最初からプラン内容や出航時間が決定されている事がありますが、中には出航時間や日程などを好きなように決定できるケースもあるなど、柔軟な対応をしてくれる船会社もあります。

もし悪天候になった場合の対処法について

基本的に屋形船には屋根があるので雨風に関しては問題がありませんが、台風などの悪天候になってしまうと止むを得ず出航出来ない事があります。
その他にも事前に花火鑑賞プランの予約をしていても、雨の影響で花火大会が延期になってしまえば中止になるケースもあります。
数か月前から同窓会や宴会の予定をしていても、悪天候になってしまえば出航が出来なくなってしまう為、イベントを開催する幹事さんは事前に対処法を考えておかなければなりません。
仕事が終わった後に宴会が始まる場合は天気が悪いという理由で中止になっても混乱が起きませんが、色々な方面からメンバーが集まってくる同窓会であれば、突然中止になっただけで貴重な機会が失われてしまいます。
それぞれの運営会社は当日の天候を見て、もし出航出来ない場合は中止の連絡をしてくれるので、もし連絡を受けた場合は人数分の同窓会を開けるお店の利用を検討してみて下さい。
出航場所周辺について調べてみると大型店やホテルのバイキングが見つかりますし、このような場所であれば大人数であっても比較的入りやすくなっています。
運営会社によっては料亭を兼ねているケースがありますが、そのような運営会社を利用している場合は出航できない場合になると、料亭での宴会に代えてくれる事もあります。
同窓会であれば当日に宴会をしたいと考えますが、悪天候の事を考えれば料亭も兼ねている運営会社の屋形船を利用した方が賢明です。

船内で盛り上げるにはどうすれば良いか

屋形船で宴会を行う機会は中々ありませんが、もしこれから宴会を行う場合は久しぶりに集まる仲間達や大切な取引先の方の為にも、盛り上げる準備をしておかなければなりません。
出航してしまうと様々な道具を調達する事が不可能なので、場を盛り上げる為に道具の事前準備をしておきましょう。
カラオケを楽しみたい場合はカラオケが設置されているかのチェックを行ったり、ゲームを楽しみたい場合はビンゴカードなどを持っていって下さい。
船会社によっては芸人さんや芸者さんを手配してくれる事もありますし、またバイオリン奏者や和楽器のライブを行ってくれる事もあるので、もし必要だと思う場合は船会社のスタッフと相談をしてみて下さい。

船によっては飲食物を持ち込めます

運営会社は色々なプランを提供しているので、宴会の目的やイベントの種類、また季節に合わせてプランを検討してみて下さい。
フレンチコースや焼き肉プランなども用意されているので若い方にもピッタリですし、中には飲食物を船内へ持ち込んでも問題がない屋形船もあります。
もし誕生日会を開催する場合はバスデーケーキを持ってくると良いですし、お祝い事であれば値段が高いシャンパンを持ってくるなど、事前に飲食物についての選定もしておきましょう。

花火大会が行われる時期に屋形船に乗る場合の知っておきたい事や予約について

花火大会が行われる時期に屋形船を利用する場合について

日本全国では花火大会が行われていますが、基本的に花火を打ち上げられる際は川沿いや海辺などで行われています。
沢山の人がいるので場所の確保をするだけでも大変ですが、もし優雅に花火を眺めたい場合は屋形船を利用しましょう。
提灯が光っている船はとても綺麗ですし、またセレブなイメージがあります。
ちなみに花火大会が行われる時期に屋形船を利用したいと考えている方が沢山いますし、船の台数が沢山あるわけではありません。
またすぐに予約をしなければ埋まってしまうので争奪戦になってしまいますが、花火大会直前に予約をするのは遅い為、早めに予約をしておきましょう。

前年の花火大会が終了してから予約をしましょう

規模は開催される地域や規模によって異なりますが、例えば東京エリアにある有名な隅田川花火大会であれば、前年からエントリーが始まっています。
友達同士や親せき、地域の方や職場の方が利用する為に予約を行いますが、本格的な予約は1月頃です。
前もってエントリーをしている団体から予約を受けられるので、もし予約をする場合は前年の花火大会が終了してからがスタートと言われています。
有名なお祭りを観覧したり、またその付近の旅館やホテルもすぐに予約が埋まってしまいますが、船の予約も同じ事が言えます。
乗合船の情報は定期的に確認する事が大切ですし、もしエントリーがスタートした場合は、すぐに予約をしておきましょう。
ただ、予約が出来なかったという理由で諦めるのではなく、中には途中からキャンセルが出たり、また席が少しだけ残っているだけでなく、花火大会によっては数か月前に予約が出来る事があるため、決して諦めてはいけません。
東京エリアであれば2名から予約可能な乗合船と、団体客が利用する貸切船がありますが、ケースによっては貸切船の予約しか行えない事があります。
また貸切船の予約システムや料金は他のシーズンと異なる事があるため、まずは予約の仕方や費用についてチェックをしておきましょう。

なぜ料金設定が高くなっているのか

通常の乗合船と比較してみると、基本的に花火大会の貸切船の料金は高くなっています。
やはり花火大会の貸切船は人気がありますし、座席数が限られているだけでなく、乗船時間が長い事が挙げられます。
一般的な宴会だと2時間程度の周遊となりますが、花火大会は大体3時間以上の周遊になりますし、また花火大会が始まる前に早めに出航しなければならないからです。
丁度花火大会がスタートした時にはベストポジションで花火を見て楽しむ事が出来ますし、船が進んで花火大会が終わったころには船着き場に戻る為、およそ5時間以上は船に乗る事になります。
このように通常の乗合船や貸切船と比べてみると、所要時間が倍近くかかってしまいます。
屋形船に乗っている方には花火を楽しんでもらいたいと考えているので、狭い河川内には沢山の船が集まってきますし、また安全な運行をする為にもスタッフを増員しています。
安全対策の為にスタッフを増やしている事から人件費が高くなってしまいますし、これにより費用がいつもより高くなってしまうのです。

船の内部についている設備について

花火大会が開催される日に屋形船へ乗る場合は長く船に乗らなければなりませんが、綺麗な水洗トイレが船の中に完備されているので安心です。
簡易式トイレを使うのが苦手と感じる方もいますが、そのような方でも快適に使えるでしょう。
内部にはエアコンが付いているので蒸し暑い時期でも快適に過ごす事が出来ますし、スカイデッキに昇れる船もあるので、スカイデッキに昇ってお酒を飲みながら花火鑑賞をするのはとても最高です。

春爛漫、花盛りの桜を楽しむなら屋形船で

花見をするなら屋形船がおすすめ

春になり桜が咲き始める季節になると、どうしてこんなに気持ちが浮き立つものなのでしょうか。
寒かった冬に別れを告げ、重いコートを脱ぎ捨て、桜舞い散る道を歩くだけでワクワクします。
同じように感じる方が多いためか、花見の季節になると多くの方が桜の名所に繰り出します。
賑やかに花見ができるのはうれしいものですが、人が多過ぎて辟易されてしまう方も多いのではないでしょうか。
ひどい時には、立ち止まることもできず桜の花より長い間人の頭ばかり眺めることになることもあります。
桜の花を愛でたい気持ちは皆同じでしょうが、もっとゆっくりと花見ができないかと思われたことはありませんか。
それなら、屋形船で花見をされてはいかがでしょうか。

隅田川の桜を船の上から楽しむ

東京都内で、船の上から桜が楽しめるスポットとして有名なのが隅田川です。
隅田川の両岸は、春になるとソメイヨシノが爛漫と咲き誇ります。
吾妻橋から桜橋までの約1キロにわたり、約1000本のソメイヨシノが植えられている隅田川は都内でも屈指の桜の名所です。
東京スカイツリーと桜のコラボレーションが見られるなど、他の桜の名所にはない趣向を楽しむこともできます。
そのため、花見の季節になると多くの花見客が繰り出します。
平日の朝なら桜の花を見ながら散策を楽しむことができますが、昼以降ともなると人で混雑するためお弁当を食べるためのシートを広げることすらできません。
桜を楽しみながらお弁当を食べるとしたら、空いたスペースに少し腰かけて邪魔にならないように急いで食べるしかありません。
地上では桜の花を愛でるにも苦労しますが、水上ならそんな苦労をすることはありません。
まるで昔の大名遊びのようにゆったりと桜を愛でることができます。
デッキの上に出れば、まるで混雑などないかのように悠々と花見をすることができます。
桜酒なども振る舞われますから、ほろ酔い気分で桜を楽しんでみてはいかがでしょうか。
自分で歩かなくても、船が前に進めば両岸の桜を眺めながら先に進むことができます。
まさにお大尽になった気分で今を盛りの桜を楽しむことができます。
屋形船のデッキはまさに特等席、とっくりと心行くまで花見としゃれ込もうではありませんか。
また、丘の上から注がれる羨望のまなざしを感じて優越感に浸ることもできます。

夜の花見もおすすめ

桜の時期になると、日没から21時頃までライトアップが行われます。
うららかな春の日差しを受けながらの花見も良いものですが、幽玄な雰囲気に包まれた夜の花見も乙なものです。
ほど近くにある東京スカイツリーも、この時期ばかりは桜特別ライティングが行われるため、屋形船に乗ればその両方を思う存分楽しむことができます。
花明かりを眺めながら、船のなかで美味しい料理に舌鼓を打ってはいかがでしょうか。
食事をしながら眺める夜桜はまた格別の美しさがあります。
気になるのが料金ですが、乗合船なら2名から気軽に予約することができますから格別高価な楽しみではありません。

いつ予約すれば良い?

東京の桜の開花時期は、その年の気象状況にもよりますがだいたい3月下旬あたりです。
開花が始まると約5日から10日ほどで満開になります。
満開になっても1週間ほどは楽しめますから、開花から2週間ほどは楽しめる計算です。
3月下旬から4月上旬に予約しておけば大丈夫でしょう。
ただ、満開まで何日かかるかは気象状況によってかなり違います。
気温が高ければあっという間に散ってしまいますし、気温が低ければ長く楽しむことができます。
予約するならお早めに、いつ予約するのが良いか船宿に問い合わせてみましょう。

http://www.funatabi.jp/

記念日に利用される方が増えています

少人数で貸し切れば誕生日会や女子会にも最適な場所に変わります

屋形船と聞くと高齢者の皆様が利用するイメージを持たれる方が多いかもしれません。
しかし、最近は、船内がおしゃれなデザインになっており、若い男女からも人気を集めているのです。
デートや記念日のお祝いなど若い方が利用する目的は様々です。
最近の傾向として誕生日会や女子会に利用する方が増えてきました。
仲の良い友人達とお金を出し合って貸し切ってしまえば、リーズナブルな費用で周りを気にせずにゆっくりと誕生日会や女子会を楽しめます。
貸切を利用するには、利用者を大人数集めなければいけないのだろうかといった心配もありません。
10名以下の少人数でも貸切が可能なプランも用意されています。
本当に仲の良い友人だけと貸し切って船内で過ごすことができるので、ストレスを感じることなく楽しい時間を過ごすことができるでしょう。
若い女性におすすめのプランは、夜に美しいカラーライトが照らされる船です。
おしゃれな空間になっているのはもちろんのこと、非日常的な気分を味わうことができます。
また、広々としているので、開放感があるのも嬉しい点です。
ゆったりと座りながらテーブルを友人達と囲むことができるので、話も弾み有意義な時間を過ごすことができるのもメリットと言えます。
もちろん昼間のみならず夜間も利用可能です。
レインボーブリッジや東京タワーなどの人気定番コースを運行する他にも江戸時代の人々の生活を支えた水路を運行するコースなど様々なプランが用意されています。
美しい絶景を眺められるのも魅力の一つですが、この他にも美味しい飲み物や食事も充実しています。
誕生日会や女子会に欠かすことのできない飲み物でもあるスパークリングワインやソフトドリンク、シャンパンなど様々用意されているので、美味しいお酒を思う存分、飲みたいという方にもおすすめです。
屋形船を貸し切って友人のために誕生日会を開いてあげるのであれば、事前に誕生日会に必要なアイテムを用意するといいでしょう。
持込が可能な屋形船もあるので、ホールケーキやクラッカーの他にもバルーンやバースデーハットなどを用意すると誕生日会を盛り上げることができます。
友人の誕生日にサプライズしたいという方は、持込が可能かどうかを確認して楽しい誕生日会を計画してみてください。

もちろん高齢の方にもおすすめです

屋形船を還暦や喜寿のお祝いに利用することもおすすめです。
季節ごとに楽しめるプランも充実しているので、歳を重ねた方も満足できます。
春のお花見や夏の花火を楽しめる他にも秋のお月見や冬の夜景を眺めるのも最高です。
高齢の方に自信を持っておすすめできる理由として、お料理がとても美味しい点が挙げられます。
料理の内容だけでなく食材にもこだわっているので、還暦や喜寿のお祝いにも見合った料理を堪能することができます。
季節に合わせて旬の素材を取り入れて食事を提供してくれるのも嬉しい点です。
何度利用しても楽しめる食事メニューとなっているので、飽きることなく利用することができるでしょう。
天ぷらやお刺身などの定番メニューの他にもちょっと贅沢したい方向けにウニやアワビなどを用意してくれるので、普段なかなか食べることができない食事も楽しめます。
還暦や喜寿のお祝いは、家族や親戚が集まってお祝いするものですから、小さなお子様が参加されることもあると思います。
小さなお子様の場合、食べられるものに限りがあり、屋形船の食事を楽しむことができるのかと不安になってしまう親御さんもいらっしゃることでしょう。
しかし、心配ありません。
未就学児でも美味しく食べられる食事メニューが豊富に用意されているので、安心して利用することができます。