花火大会が行われる時期に屋形船に乗る場合の知っておきたい事や予約について

花火大会が行われる時期に屋形船を利用する場合について

日本全国では花火大会が行われていますが、基本的に花火を打ち上げられる際は川沿いや海辺などで行われています。
沢山の人がいるので場所の確保をするだけでも大変ですが、もし優雅に花火を眺めたい場合は屋形船を利用しましょう。
提灯が光っている船はとても綺麗ですし、またセレブなイメージがあります。
ちなみに花火大会が行われる時期に屋形船を利用したいと考えている方が沢山いますし、船の台数が沢山あるわけではありません。
またすぐに予約をしなければ埋まってしまうので争奪戦になってしまいますが、花火大会直前に予約をするのは遅い為、早めに予約をしておきましょう。

前年の花火大会が終了してから予約をしましょう

規模は開催される地域や規模によって異なりますが、例えば東京エリアにある有名な隅田川花火大会であれば、前年からエントリーが始まっています。
友達同士や親せき、地域の方や職場の方が利用する為に予約を行いますが、本格的な予約は1月頃です。
前もってエントリーをしている団体から予約を受けられるので、もし予約をする場合は前年の花火大会が終了してからがスタートと言われています。
有名なお祭りを観覧したり、またその付近の旅館やホテルもすぐに予約が埋まってしまいますが、船の予約も同じ事が言えます。
乗合船の情報は定期的に確認する事が大切ですし、もしエントリーがスタートした場合は、すぐに予約をしておきましょう。
ただ、予約が出来なかったという理由で諦めるのではなく、中には途中からキャンセルが出たり、また席が少しだけ残っているだけでなく、花火大会によっては数か月前に予約が出来る事があるため、決して諦めてはいけません。
東京エリアであれば2名から予約可能な乗合船と、団体客が利用する貸切船がありますが、ケースによっては貸切船の予約しか行えない事があります。
また貸切船の予約システムや料金は他のシーズンと異なる事があるため、まずは予約の仕方や費用についてチェックをしておきましょう。

なぜ料金設定が高くなっているのか

通常の乗合船と比較してみると、基本的に花火大会の貸切船の料金は高くなっています。
やはり花火大会の貸切船は人気がありますし、座席数が限られているだけでなく、乗船時間が長い事が挙げられます。
一般的な宴会だと2時間程度の周遊となりますが、花火大会は大体3時間以上の周遊になりますし、また花火大会が始まる前に早めに出航しなければならないからです。
丁度花火大会がスタートした時にはベストポジションで花火を見て楽しむ事が出来ますし、船が進んで花火大会が終わったころには船着き場に戻る為、およそ5時間以上は船に乗る事になります。
このように通常の乗合船や貸切船と比べてみると、所要時間が倍近くかかってしまいます。
屋形船に乗っている方には花火を楽しんでもらいたいと考えているので、狭い河川内には沢山の船が集まってきますし、また安全な運行をする為にもスタッフを増員しています。
安全対策の為にスタッフを増やしている事から人件費が高くなってしまいますし、これにより費用がいつもより高くなってしまうのです。

船の内部についている設備について

花火大会が開催される日に屋形船へ乗る場合は長く船に乗らなければなりませんが、綺麗な水洗トイレが船の中に完備されているので安心です。
簡易式トイレを使うのが苦手と感じる方もいますが、そのような方でも快適に使えるでしょう。
内部にはエアコンが付いているので蒸し暑い時期でも快適に過ごす事が出来ますし、スカイデッキに昇れる船もあるので、スカイデッキに昇ってお酒を飲みながら花火鑑賞をするのはとても最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA